縁切り作業

お問い合わせ 求人専用サイト

縁切り作業

縁切り作業

2021/05/28

皆さんこんにちは。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
京都・長岡京市・向日市・亀岡市・宇治市・滋賀県・草津市・大津市の外壁塗装専門店

株式会社サガテクノです。

 

本日は京都市で縁切り作業をしております。

 

屋根と屋根の間に隙間を作る作業のことを縁切りといい、タスペーサーという部材を挿入することで

隙間を作っていきます。

縁切り作業はスレート屋根の塗替え時に必要な作業で

主に雨漏りを防ぐ役割があります。

縁切りが必要なスレートの屋根材は表面に溝があり、この溝によって

屋根材の下にたまった雨水を排出します。

屋根塗装をすることでこの溝を塗料でふさいでしまうことがあり、雨水の排出ができなくなると

たまった雨水により屋根下地の腐食、雨漏りの原因となります。

 

そうならないようにタスペーサーを使い屋根と屋根の隙間を作っています。

一つ一つ手作業で行うため、時間と手間がかかってしまいますが、

重要な作業の1つです。

スレート屋根でも、屋根に4㎜以上の隙間がある場合はタスペーサーは必要ありません。

 

なにか気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。