外壁塗装の劣化症状3

お問い合わせ 求人専用サイト

外壁塗装の劣化症状3

外壁塗装の劣化症状3

2021/05/24

塗膜の剥がれ

皆さんこんにちは。
ブログをご覧いただきありがとうございます。
京都・長岡京市・向日市・亀岡市・宇治市・滋賀県・草津市・大津市の外壁塗装専門店

株式会社サガテクノです。

本日は塗膜の剥がれについてご説明させていただきます。

塗膜の剥がれとは、外壁の表面に塗った塗料が剥がれている状態のことで

その原因は主に以下の二つに分けられます。

・施工不良

塗装後おおよそ3年以内で塗膜がはがれた場合、施工不良が原因の可能性が高いです。

施工不良には下地処理の不足や、洗浄後の乾燥不足、塗料の選定ミスなどがあげられます。

・経年劣化によるもの

塗装後10年前後で塗膜が剝がれた場合は、時間の経過によって塗膜が劣化した可能性が高いです。

経年劣化による塗膜の剥がれはいつかは必ず生じる劣化症状です。

 

塗膜の剥がれを放置していると、下地が紫外線や風雨にさらされ、劣化します。

劣化が進むと雨水が建物内に侵入します。

放っておくと腐朽や雨漏りの原因となり、改修費用が高くなってしまいます。

 

少しでも気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。