シーリングの劣化症状

お問い合わせ 求人専用サイト

シーリングの劣化症状

シーリングの劣化症状

2021/07/30

皆さんこんにちは。 
ブログをご覧いただきありがとうございます。
 京都・長岡京市・向日市・亀岡市・宇治市・滋賀県・草津市・大津市の外壁塗装専門店
 株式会社サガテクノです。 

 

今回はサイディング壁のシーリングについてです。

 

シーリングとはサイディング壁のつなぎ目を埋めるゴム状の目地材のことで、業者によってコーキングと呼んだりもします。

シーリングが劣化するとつなぎ目が切れて雨漏りの原因にもなります。

塗装と同じようにシーリングの劣化も紫外線や気温など、時間の経過によって自然に起きてしまいます。

今回はシーリングの劣化症状を紹介します。

サイディング壁とシーリングの端が切れ始める

ボードやパネルとの間に隙間ができている状態です。

隙間から雨水が侵入してしまい、サイディングの割れや反り、雨漏りの原因になる

場合もあります。

シーリングにヒビが入る

シーリングが真ん中から切れてしまっている状態です。

主にシーリング材の劣化や寿命で起こる可能性があります。

シーリングの寿命は5年から10年と言われています。

シーリングの状態がどうなっているのか確認し、外壁材や内部の劣化につながる前に補修を行うことをお勧めします。

 

少しでも気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。